イラスト3_2

前澤友作物語できへんやないかい|書かせて!前澤さーん2

スタートトゥデイ・前澤友作さんと定期的に会うことになった、私ですらろくに把握できていない、経緯はこちらの過去記事を。

前澤友作さんと言えば。

お年玉企画と、お見合い企画で、早々に私の2020年なんでやねん大賞を受賞する勢い。

そういえば、初めてお会いした時、Tさん(前澤さんの広報担当)が言ってた。

「内容は言えないけど、また色々、大変なことが始まる予定なの……」

本当に色々大変なことが始まってるので、マジTさん大変だなと思った。

ということで、話は1ヶ月以上、さかのぼりますが。

前澤さんと初めて会った一週間後、私はまた、会うことになった。
赤坂にあるオフィスに、のこのこと足を運んだ。

Tさんに指定されたフロアに行くと、6畳ほどの待合室らしきスペースがあった。
スペースの奥に、オフィスへ繋がるであろう扉。

フロア全体が静まり返っていて、約束の時間になっても、
私以外の人の姿は見当たらない。

これはもしかして、自分で受付をしないといけないのかな。

でも、なあ。


受付らしきものが、なーんにも、見当たらないんだよなあ……。


暗い照明にぼやっと浮かび上がっているスペースは、めちゃくちゃ洗練されていて、シンプルでオシャレ。
都会のスタイリッシュなホテルか。

来た瞬間に「あ、前澤さんっぽい」と直感的に思った。

でも、人はおろか、電話やタッチパネルも見当たらない。
奥の扉も、開く気配が、ない。


これは、あれか?
脱出ゲームか……?
アイテム……アイテムはどこ……?


しばらくして、扉が開き、Tさんが申し訳無さそうに
「ごめん、ごめんね!気づかなかった」と迎えに来てくれた。(アイテムは無かった)

ちなみに、受付用の小さな電話は一応、あった。
オシャレすぎて気づかなかった。
無念。

会議室へ通されると、前澤さんがいた。

「この間のエッセイ、読んだよ。おもしろかった!」
「えっ、あっ、恐縮です」

グフフ、とか、デヘヘ、とか、変な笑いが漏れた。
下座だとかキャバクラみたいとか、さんざん書いてしまったので、
正直、ビビっていた。
でも、前澤さんは喜んでくれていた。

「ところで、前澤さんも普通にエレベーター乗るんですか?」

Tさんが笑った。
今それ聞く?って感じで。
気になったんだもん!

「乗るよ。なんで?」
「いや、なんか、専用のエレベーターとか、屋上にヘリで降りるとか」
「無い、無い!(笑)」
「でもこのビル、他の会社もいっぱい入ってるから、普通に他の人と会っちゃいますよね?騒ぎにならないんですか?」
「ならないよ……」
「みんな、前澤さんって気づかないんでしょうか」
「気づいてるけど、なにも言われない。東京の人はそんなもんだよ」

なるほど、東京の人はすごい。
神戸市北区の山奥にある私の地元に前澤さんが来たら、秒で囲む自信がある。
「これ持ってって!」とかさばる炭酸煎餅や二郎の苺を押し付ける自信がある。

実際、前のnoteを公開した時、「前澤さんどうだった!?」と真っ先にこぞって連絡を送ってくれたのは、地元の人たちだった。

神戸市北区民よ、そういうとこだぞ。嬉しいけど。


さて。

今日、お会いした目的は、私が何を書くのか、だ。

私が「やってもいいよ」と言われたことは、
前澤さんに会った現在のエッセイを書くことと、
前澤さんが歩んできた過去の小説を書くこと。

小説は、前澤さんが主人公の「前澤友作物語」になるのだと思う。
多分。

じゃあその小説をどうやって書くのか、を私たちは話し始めた。

「前澤さんは完璧主義だから、これまで本は出版直前にお蔵入りしてきたんですよね」
「うん」
「WEBメディアで長編のインタビューが公開されてるのは、なんでですか?」

前澤さんの幼少期から、ZOZOを創業し、宇宙ビジネスを目指すまでのストーリーを取材した連載記事がある。

ここに来るまで、私は前澤さんに関する色んな記事を読んで予習したが、
それが一番、前澤さんについて詳しく書かれている記事だと思った。

「あれはね。ライターさんが書いてくれた記事に、俺がめちゃくちゃ書き足した。ほぼ全部書いた回もある」
「おー、前澤さんが……」
「スマホで」
「スマホで!?」

全部で47,000字くらいある、毎日更新の記事を、スマホで!?

「俺、パソコン使わないもん」
「それどころか、友作くんはメールも見ないからね。仕事もプライベートも連絡は全部LINEだし」

Tさんが言った。
私は、スマホでそんな長文は書けない。

どんな目と指してんねん、と思った。

でも、LINEだから、判断も指示も速いんだろうな〜〜〜。

メールだったら、いちいち「お世話になります、岸田奈美です。ご無沙汰しておりますが……」とか長々書いちゃうしな〜〜〜。

しかし、困った。

前澤さんのことを一番わかってるのは、前澤さんだ。
完璧主義の前澤さんの考えを、完全に再現し、納得してもらう作品を私が書けるんだろうか。

私は、悩み始めた。

前澤さんは、私が想像していたより、口数が少ない人だった。

私はよくお茶の間で報道されている前澤さんを見ていて、めっちゃペラペラ喋り倒す人だと勝手に誤解していた。

いや、めっちゃ喋っては、くれるのよ?
でも、なんだろう。

派手なカリスマ経営者ってさ。
たとえば「この事業を始めた経緯ってなんですか?」って聞かれたら。

「あれはね、モチベーションとコミットメントが低いのにエンゲージメントだけが高いから、ポジティブにグロースしたかったんだよね。この間、社長仲間の◯◯さんと飲んでた時にも話してたんだけど〜」

つって、専門用語もりもりで、聞いていないことまでガーッと広げて話すような、知らん人と知らん仕事の話を知らん言葉で話してるような、そんなイメージが私にはあった。(どんなイメージ)

あとから記事にする時に、どの情報から削ろっかな、と頭を抱えるような。

前澤さんは、真逆だ。

「世界平和のためになるから」
とか
「それは面白くないじゃん。だからやらないよ」

とかいう具合に、迷いなく、淀みなく、そして穏やかに、簡潔な言葉を返してくれる。
「それ以外の答えがあるの?」と言わんばかりの。

真理……?
これは真理……?

そんな感じがする。

だけど真理すぎて、凡人の私のポッコリふくらんだお腹には、落ちない話がかなり多い。腹落ちしない。

ていうかこれ読んでる人の中にいる?
前澤さんが言ってること、120%迷いなく全て理解アンド共感できる人。


ぶっちゃけ、私はわっかんねえの!!!!!!!


いや、言ってることはわかるし、
世界平和はわかるけど。
なんか。
そこにたどり着くまでの、細かい話とか、心情の変化とか。
共感はするけど、モヤモヤが残るっていうか。

ざっくりはわかるけど、細かいとこわかんない!なんで100万円配った!!??!?!?とか思わない?

……あれ?
もしや、そういう理屈を求めようとしてる私が雑念だらけ?
修行が足りない?

そういう感覚になることが、あった。

「私、前澤さんが思ってることを小説に100%反映できる自信がないです……」
「俺もそう思う(笑)」

いや、思ってるんか〜〜〜〜〜〜い!!
小説、できへんやないか〜〜〜〜い!!

その時、私に、ひとつのアイデアが舞い降りた。

→続きは来週公開予定!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
573
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

書かせて!前澤さん
書かせて!前澤さん
  • 3本

スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

コメント (4)
独創的かつ人間性が伝わるひと味違った小説の完成を期待して居ります。楽しみです☆
私は奈美さんに煎餅渡したいです、全然負けてませんよ(^_^)
アイディアが舞い降りてくるのが奈美さんの真骨頂ですね!
次回も楽しみ♪
前澤さんの幼少期から、ZOZOを創業し、宇宙ビジネスを目指すまでのストーリーを取材した連載記事を教えていただきたいです!newspicksですか?^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。