見出し画像

処女作と童貞作|キナリなおすそわけ

今週分から、日記のタイトルをちょっと変えてみました。内容はあんまり変わらないよ。いつも読んでくださって、ありがとうございます。

いつもと変わらず一発書きなのですが、これを書き流すと表現することもあるそうです。かっこいいな。

ふだんガッツリ書いている文章は、普段からずっと考えて煮詰めていることだったり、少ないながらも推敲したりして、錬成して研磨していくので、貴金属をこしらえるイメージに近いです。

一方で日記は、クレヨンで書く絵に近い。消したり直したりせずに、日々で見つけた色彩や造形を画用紙に乗せていって、思っていたのとぜんぜん違う出来になったりもするけど。

ほぼ喋るのと同じスピードでタイピングしているので、まあ、そんな感じで書き流しを読み流してもらえると嬉しいです。

あとこちらの企画もようやくスタートできました!現時点で300件以上、申請もらっているので2〜3ヶ月待ってもらっちゃうけど、ごめんなさい。


6月8日(月) 処女作と童貞作

あるメディアの取材を受けていて、ライターさんから「岸田さんの処女作はなんですか」と聞かれた。

答えようとすると、すかさず「申し訳ありません。いまの言葉は不適切でした。デビュー作はなんですか」と言い直された。

びっくりして、答えるのを一旦やめ、わけを聞いてみた。

「昨今のジェンダー意識の変化にあわせて、処女作という言葉は使わないようにしています」

「な、なるほどー!処女っていう言葉があかんのですか。なんでやろか。女の人のイメージを押しつけるから?性的なイメージに結びつくから?」

そこでわたしは、気づいた。

「処女作はあるけど、童貞作はないですもんね。ああっ、母校はあるけど父校もないな。やっぱり片方の性別しか出てこん言葉って、使ったら不快に思う人が増えてるんですかね」

単純な好奇心が、ぶくぶくと泡のようにわき出てきて、わたしの目は輝いていたと思う。

ライターさんは「実はわたしも納得はできてなくて……以前、使って怒られたことがあるので、岸田さんにご迷惑をかけてはいけないと思ったんです」と、打ち明けてくれた。

他人の心に陰を落とすような言葉には敏感な方だと思っていたけど、処女作については考えたことがなかったので、こりゃ良い機会やぞと思い、ライターさんと調べてみることにした。

この続きをみるには

この続き: 3,690文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ミラクル優勝大吉!胴上げしていい?
309
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/