見出し画像

岸田家の読むゴハン(もち米のハリネズミ)

テーブルの上に乗ってるものは吸い込むようにたいらげる、いまのわたしからは想像がつかないけど、子どものころは食が細かったようだ。

「お腹が減ってないっていうか、食べることにあんまり興味がなかったみたい」

母から言われて、まさかそれがわたしのことだとは思わなかった。そういえば、生まれてはじめて好物なるものを自覚したのは、小学校高学年くらいだった気がする。

「だから、あの手この手で、食べたくなるようなご飯を作ったんやで」

母が千手観音のごとく繰り出してきた、あの手この手のなかのひとつ、「もち米のハリネズミ」を今夜は作ってみた。


「そう言えば、なんか『今日はハリネズミやで』ってオカンが言ってたのを聞いた気が」

「せや。肉団子をハリネズミみたいにして、食べさせたんや」

「ハ、ハリネズミみたいに!?」

「もち米を肉団子の代わりにして、トゲトゲにするねん」

「ああ……なんか思い出してきた。そんなん、あったなあ」

「良いことがあった日にはもち米を食紅でピンクにして、お祝いハリネズミも登場してた」

「芸が細かい」

家事やら、弟の世話やらで、すごく大変だったはずなのに、そんな手間をかけていたことが申し訳なくなった。

いまならハリネズミどころか、身内が丸めてくれたものなら泥団子やニガ団子(feat.千と千尋の神隠し)みたいなビジュアルでも、喜んで吸い込むように食べるぞ。


もち米のハリネズミを作ろう

母から聞いた、めちゃくちゃ適当な材料がこちら。

この続きをみるには

この続き: 2,886文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ハイパーMAX大吉!うらやましい!
300
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/