見出し画像

岸田の奈美からお手紙ついた、仕方がないので読んでもらえた(+今月の予告)

キナリ★マガジンを購読してくださっている皆さん、ありがとうございます。もうね、何回もやってるけど、ありがとうございますじゃね、言い表せられない。

家内制手工業ラジオのような「アットホームからアットを抜いたホーム感」満載でお送りしているので、キナリ★マガジンの更新頻度と内容は、岸田の当月のムーブに著しく肉薄しておるのですが。お気づきの通り、9月は公開予定表もなければ、ぶっつけ更新に頼っておりました。

これはすべて……書籍化の……麗しき書籍化の作業で……!袖と裾をまくって出稼ぎに行っておりましたがゆえの結果です。横着してごめんなさい。

でも、こう、マガジンの読者のリストって毎回、メンタルがメンタルしたときにボーッと眺めていて、通知のメールもくるし、誰が読んでくださってるかをだいたい覚えているので「わたしの人生、こんなに楽しんでくださっている方(一緒に編集してくださっている方)がおるんやな」と思うと、じわわっと鼻の上あたりが熱くなります。

秋も深まってまいりましたが、風邪の予防に笑って免疫を上げつつ(こういうの町内会便りでよく見るよね)よろしくお願いします。

画像1

今月のキナリ★マガジン(月額1,000円で4本以上なにかが読める)はこんな感じですが、日付の指定がありません。クマに至っては賑やかしに回ってる。

ほんと、わたしなんかがおこがましいんですけど、本が世に飛び出た影響で、いわゆる「おいお前ツラ貸せや」を100億倍マイルド&ハッピー&アルカイックにしたお呼びがかかる回数が増えたので、「記事は書けるときに書け!」方式で今月はいかせてもらいます。


ほな、ここからは購読者限定のアレです。
WEB未公開のお手紙とか。

ご本と一緒にお手紙書いた

9月23日、(おもにわたしが)待ちに待った本「岸田の家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」を発売しました。

いま品切れ続いてるのですが、3刷が決まって、10月13日ごろには行き渡りそうとのこと。予約を、予約を。

あと、10月と11月に東京と大阪で、弟や母も連れてサイン会します。サイン本もいろんな地域に置いてくるので、お待ちください。

本にしましょうというお話が小学館さんから持ち上がったのが、去年の12月でした。8月からエッセイを書きはじめて、すでに7社ほどの出版社さんからお声がけをもらっていたのですが、本当に、本当に申し訳のないことに、わたしはすべて断っていました。

この続きをみるには

この続き: 4,209文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
238
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (1)
岸田さんの素敵なお手紙(本)受け取りましたよ~。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。