見出し画像

岸田の妄想!まぬけ商店

まぬけには、こんな意味がある。

1.おろかなこと。
例文「見たか、あの岸田奈美のまぬけ面をよ」

2.考えや行動にぬかりがあること。
例文「岸田奈美の餃子、また中身を入れ忘れてるよ」

3.気がきかないこと。
例文「習字の墨が無いから生きたイカを持ってくるなんて、あんた岸田奈美じゃないんだから」

つまり、私のことである。私の人生は、常に自分に内包するまぬけとの戦いだった。

でも、曲がりになりにも(曲がりすぎて寄り道しまくり人生が迷子)28年間生きてきて、わかったことがある。

まぬけは、治らない。「気をつける」とか「工夫する」で、一瞬の対症療法はできるけど、根がまぬけなので、すぐにボロが出る。

まぬけをまぬけのまま放っておくと、失敗して、怒られて、落ち込んで、自尊心が下がる一方だ。自信のなさは、さらなるまぬけを引き起こす。戦慄のまぬけ連鎖の法則だ。やがて世界はまぬけに包まれる。

このままではいけない。

立ち上がれ、岸田奈美。全国に散らばる、まぬけのために。

自分の中にある「まぬけ」を、愛せるようにするのだ!そのために、あれやこれやのアイデアを、ひねり出してみせるのだ!


というわけで、このコーナーでは「岸田奈美のまぬけエピソード」と「あったらいいな!まぬけグッズ」を、私がダラダラと書いていきます。

クオリティもまぬけ極まりないので、まぬけを救うべく商品化したいという会社さんや町工場さんや錬金術師さんがいたら、首をキリンにして、お声がけを待ってます。


この続きをみるには

この続き: 2,533文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
284
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (3)
ぼくは首から鍵を下げてますよ。42才の鍵っ子です。思い出しふせんめっちゃいい!
思い出付箋欲しいです、商品化したら絶対買いたい。40歳過ぎても物をすぐ無くします。読んだこと聞いたこと言ったことを忘れます。推しは推せる時に推せ、の言葉でマガジン購入しました。
ビヨビヨストラップ、500円というところが、安すぎず高すぎず購買意欲をそそりますね。買いです!私が唯一持っている、ブランドのバッグ(さくらんぼが描かれてるヴィトン)に着けたいと思います。あと、家の鍵は車のシートの隙間に大体あるので、探してみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。