見出し画像

冬がはじまるよ〜のぞみ64号東京行き4号車で、槇原敬之が聴こえたら〜

岸田 奈美

疲れていた。

泥のように疲れていた。

締め切りが迫った原稿を、ギリギリまで書き終え、気づけば朝すらも通り過ぎ、昼になっていた。

その足で用意をし、広島県福山市の講演会で2時間喋り倒した、帰りだった。

東京行き最終の新幹線・のぞみ64号の4号車に、走ってなんとか飛び乗る。

乗客は私と同じように皆、長い一日の終わりに放心しているようで、静かだった。

いつの間にか眠ってしまった私は、車内チャイムの音で目を覚ます。

聞き逃した次の停車駅を確認するために視線を上げると、車内の電光掲示板では「次は新大阪」と光っていた。

まだ新大阪か。

もう一眠りしようと思ったが、なんとなく電光掲示板を眺めていた。

やがて表示はニュースにかわり

「歌手・槇原敬之容疑者を逮捕 覚醒剤取締法違反の疑い」

と表示されていた。

ああ残念な話だな、と思った。


様子がおかしいことに気がついたのは、名古屋を過ぎて、しばらく経った頃だった。


槇原敬之の、歌が聴こえる。


柔らかで、温かく、目の前の人に語りかけるような歌声を、これまで何度も耳にしてきた。

その槇原敬之の歌が、のぞみ64号の4号車で、聴こえるのだ。

最初は、だれかのイヤフォンの音漏れかと思った。

でも、違う。

音漏れではない。音漏れにしては爆音がすぎる。

これは完全に、誰かに聴かせるレベルの音量だ。


私は戸惑いながら、あたりを見回した。

4号車にはいまだ、疲労が充満していて、とても静かだった。


槇原敬之の歌以外は。


なんで、誰もなにも、反応しないんだ。

マイケル・ジャクソンが亡くなった時、欧米の地下鉄でマイケルの歌を乗客が流し、みんなが歌い出したという話を聞いたことがある。

でも、槇原敬之が逮捕されて、みんなが歌い出すなんてことがあるのだろうか。


私は先日、スカイマークの飛行機に乗ったことを思い出した。

あの飛行機は、日本ハムファイターズの特装機で、ずっと応援歌「ファイターズ讃歌」が流れていた。

もしかして、のぞみ64号は、槇原敬之特装車だったのか。


そんなことまで考え終わってもなお、槇原敬之は歌い続けている。


あまりにも乗客が動じないので、私は、戸惑いながらツイッターに投稿した。

それから、すぐのことだった。

相互フォローをしている、岡田悠さんからリプライがあった。

私は「またまたあ」と思った。

岡田悠さんと言えば、おもしろい記事をたくさん書くことで有名な人だ。きっとノリで言ってきたんだろうと思い、私は岡田悠さんのTwitterトップページを開いた。

君の名は。


マジか。マジの岡田さんの同僚か。

いつのまにか槇原敬之の歌は聞こえなくなっていた。マジか。

ちなみに岡田さんのTwitterの画面ではこうなってたらしい。

投稿時間のラグ、わずか1分。

岡田さんはどれだけ目を疑ったことだろう。


品川駅で降り、高輪口に向かおうとする私は、ふと足を止めた。

振り返ってみる。

槇原敬之の歌を流していた彼の見た目は、わからなかった。

でも、港南口に向かおうとする、白いアディダスを履いた男性が、足を止めて、こちらを振り向いていた。

「まさか、ね」

そう思って、私は踵を返した。彼も、すぐに前へ向き直った。

槇原敬之の『冬がはじまるよ』のサビを思い出しながら、私は、二度と会えないであろう彼との邂逅を、すこし嬉しく思った。




このあと普通に連絡がついて、来週、3人で会うことになった。


追記

岡田悠さんがアンサーしてくれてアホほど笑った。


さらにさらに追記

後日談です。


気に入ってくれたら、毎月4本以上のエッセイが読めるキナリ★マガジンもどうぞ!そっくりそのまま岸田の生活費になります。強く生きる。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

しばらくは弟のグループホームの送迎車にかかる費用や持ってゆくお菓子に使います。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはよくnoteで紹介します。