見出し画像

岸田の妄想!マヌケ商店(謝りたおす人のための詫びキップ)

マヌケな自分とともに歩み、ともに立ち向かう岸田による「こんなのあったらいいな」なアイテムの妄想を垂れ流す「妄想!マヌケ商店」のお時間です。

みなさんは、いままで下げた頭の回数を覚えているだろうか。いままでと言わず、今週でもいい。誓って言う。わたしは覚えてない。

謝ることが、ありすぎる。

人と会えば、遅刻したり、うっかりタブルブッキングしたり。どこかへ出かければ、なにかを忘れて、なにかを失くしたり。ご飯を食べれば、食器を割ったり、お茶をぶちまけたり。

半分はまぎれもなくわたしのせいで、もう半分は運命で決まっている。「そんなこと、人生に一度あるかどうかやろ」ということが、サザエさんの放送ペースで起こる。家のなかに、スズメバチが飛び込んできて、打ち合わせに遅れるとかさ。

ごめんなさいのインフレが、日常で起きているのだ。

「この埋め合わせはかならず」「ここのお茶代はわたしが持つから」「借りを一つということでどうか」などを口走りながら、ペコペコと謝っているけれど、あまりにも多すぎて、真剣味を失っているように思う。

わたしと付き合ってくれる人たちは、そんなわたしのズボラさと運命を承知で付き合ってくれる徳の高い方々ばかりなので「気にしなくていいよ」と言ってくれるのだが、それではわたしの気がすまない。


そこで、わたしは、苦渋の末にひらめいた。

この続きをみるには

この続き: 1,273文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ミラクル優勝大吉!胴上げしていい?
236
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/